自治会について

下目黒五丁目自治会は、下目黒5丁目の大部分(下目黒5丁目6番一部、7番一部、8番~36番、37番一部)と下目黒4丁目の一部(下目黒4丁目21番~23番)および下目黒6丁目の一部(下目黒6丁目6番、8番一部)が区域です。

目黒競馬場( 明治40年開設、昭和8年に府中へ移転、現東京競馬場)の跡地であるこの地域は、都立林試の森公園や目黒川支流の羅漢寺川プロムナードがあり、緑にあふれています。

町会・自治会は、地域の皆様により自主的に形成された「住民による自治組織」です。現在、目黒区内には、82の町会・自治会があります。活動内容は、町会・自治会によって異なりますが、住民相互の親睦を深めることのほか、身近な環境を良くするために、地域住民がお互いに助け合いながら、さまざまな取り組みを行っています。

目黒区ホームページより
http://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/sumai/chiikicommunity/rengokai.html

下目黒五丁目自治会では、会員相互の融和親睦を図り、安心・安全なまちづくり、生活文化の向上と保健衛生など様々な活動を行っています。

【主な自治会活動】
新年会、定期総会、防災訓練、交通安全運動、地域安全運動、火災予防運動、歳末特別警戒巡回、ラジオ体操、新入学の御祝、敬老の御祝、健康セミナー、大鳥神社例大祭(お祭り)、日帰りバス旅行、ハロウィン祭支援、防犯・防災活動(地域安全パトロール、防犯カメラ・私道街路灯の維持管理)

近年は「まちまるごとグリーンガーデンプロジェクト」や「みんなで考える防災プロジェクト」等、新しい視点を取り入れた活動に積極的に取り組んでいます。

地域の皆さまにとって身近な自治会でありたいと考えていますので、 自治会の行事やイベントにぜひ参加してみてください。お待ちしています。

関連ページ

Posted by 下五自治会