第1回映画上映会&SDGs講演会の実施報告

2022年6月19日(日)に、「まちまるごと下五キャンパスプロジェクト~子どもも大人も一緒に学ぼう社会課題とSDGs」と題して、食品ロスをテーマに「もったいないキッチン」の映画上映とフードバンク目黒代表の平瀬様からの講演会(食品ロスと貧困について)を行いました。また、青木英二目黒区長から目黒区として行っている食品ロス削減に向けた取り組みについてお話をいただきました。

当日は午前の部と午後の部を合わせて、小学生から大人まで40名以上の参加がありました。参加者それぞれが社会課題や次の一歩を意識するきっかけにつながったことがアンケートからも伝わってきます。

・いろいろな「もったいない」を実際に経験していたかのように体感できた。
・もったいないを考える様々なシチュエーションが出てきてアイデアが刺激されました。
・映画を観ながらの講座は我が事のように受け止められる機会になった。
・日本でできることの内容だったので、とても身近に感じました。
・無駄の無い食品の使い方を心がけたい。
・これをどうやって大きな動きに展開するかですね。
・地球や自然の事、日常生活のもったいないムダについて考える機会をいただきありがとうございました。
・地域の施設を利用し現代問題について考えるイベントを開催していただきとても良い時間でした。
・地域から温かい活動をされていてとても感激しました。できる事から協力したいです。
・区役所にフードドライブがあると初めて知りました。食品ロス削減を広めていきたい。

参加者アンケートの回答より抜粋

次回上映作品は

参加者された方には次回の上映会で観たい映画の希望を伺いました。その結果を参考にしながら、8月下旬に予定している第2回の上映会&講演会の内容を決めていきます。今回、参加いただけなかった方も、ぜひ次回のご参加をお待ちしています!

また当日は、目黒区社会福祉協議会からのチラシや目黒区民生児童委員協議会からのグッズ、希望者には下目黒五丁目自治会として作成した自治会パンフレットや防災マップ等を配布しました。地域の小中高校生の子どもたちが運営ボランティアとして、看板の準備やグッズの配布に協力してくれました。

目黒区立第四中学校跡という地域ゆかりの施設

会場となった「こぶしえん」は、社会福祉法人徳心会が運営するユニット型特別養護老人ホームと障害者支援施設・都市型軽費老人ホームなどの複合施設です。もともとは、目黒区立第四中学校があった場所いうこともあり、かつて四中に通っていた頃に思いをはせる参加者の方もいらっしゃいました。
こぶしえんは、施設の一部を地域住民も利用できるため、今回は地域交流スペース(プロムナードホール)をお借りしました。最新の映像・音響設備等とても素晴らしい施設でした。施設の中(1階)は、どなたでも通り抜けが出来ます。

フードバンク目黒のご紹介

当日ご説明いただいた資料の一部をご紹介します。消費者としての意識を変えることが食品ロス削減の一歩につながります。

7月9日(土)の食品無料配布会は、下目黒五丁目自治会区域隣接の目黒不動尊で行われます。食品のご寄付や配布会のお手伝いを受け付けていますので、詳しくは以下のリンクからフードバンク目黒のホームページをご覧ください。下五自治会や不動プロボノネットワークとしても協力していきたいと思います。

■第37/38回(7月9日/7月24日)の食料無料配布会のチラシはこちら

目黒区での食品ロス削減の取り組み

フードドライブ実施の支援については、めぐろ区報令和4年度6月15日号4面)にも掲載されています。

まちまるごと下五キャンパスプロジェクト参考情報

【主催】下目黒五丁目自治会 【連携団体】不動プロボノネットワーク
「令和4年度東京都地域の底力発展事業助成」対象事業